これは私がアルバイトといて派遣会社に登録しにいった時の体験談について、色々と書いています。

派遣を登録したきっかけ
派遣を登録したきっかけ

派遣会社に登録した時の話

学生時代の時に長期休暇に差し掛かり、その時私はその間中これといった予定は特になかったために、アルバイトをしようと思いました。ここで普通の定期的に働くことになるようなアルバイトだと、長期休暇が終わったあとがきつくなりますし、また急に友人に遊びに誘われるようなことになった時などを始め、色々都合がつかないようなことが多そうです。しかし派遣の登録性のアルバイトだと、まず働く日をこちらから自由に選ぶことができるので、なにか予定が入った時でも都合がつくのが良いですし、1日からでも働けるので、派遣先で初日につまずいたとしても、別のところでのやり直しが利くのが良いですし、何よりも面接を受けなくて良いというのが個人的に大きく、そのようなことが自分の中で大きくメリットに感じたことから、登録性の派遣アルバイトを始めることになりました。

とりあえず求人誌に書かれている連絡先に電話を入れ、派遣の登録の予約を入れることにしました。そこで登録を行う日時と場所を聞くことになり、後日実際に指定された日時と場所へ登録をしに行きました。道中で軽く迷いましたがなんとか約束の時間前にたどり着きました。そこへ着くと早速登録に関しての説明を受けることになりました。大体30分〜1時間ぐらいで説明は終わり、あとは個人個人でどういった業種のところで働くかを大まかに決め、各種そこでの決まりごとが記載された書類に、署名捺印を行いそれで登録は終わりました。ただそのあとにその会社指定のTシャツやカーゴパンツ、各種道具を買わされることになり、トータルで5000円程度と結構なお金を取られることになりましたが、それも1日でチャラになり、そのあとは頑張ったのでかなり稼がせていただきました。もちろんアルバイトしながらも友人と遊んだりもできましたし、それなりに充実した長期休暇を過ごすことができて満足でした。
おすすめ記事

Copyright (C)2017派遣を登録したきっかけ.All rights reserved.